メニュー

アイデザイナーになりたい

男女

国家資格が必要

今、美容で最も人気が高いとされているのがまつ毛のメイクです。まつ毛メイクは、マスカラやつけまつげが以前から行われていましたが、現在最も注目度が高いのは「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」等のプロによる施術です。自分でメイクしなくても濃く長くキレイなまつ毛を楽しめるこれらの施術の支持は高く、それが証拠にまつ毛サロンやビューティーサロンは急速にその数を増やしています。まつ毛メイクのプロであるアイデザイナーは、国家資格である美容師免許が必要です。これは、目の周囲という繊細な箇所に施術することから、健康被害を予防する目的で資格が必須とされているのです。そのためアイデザイナーになるには、美容師免許の受験資格を得るために美容専門学校で学ばなければなりません。美容専門学校は、全日制の他、仕事を持つ社会人等のために夜間部や通信制など様々なコースがあり、自分の生活に合わせた学び方が選択できます。なお、全日制と夜間部は2年もしくは3年、通信制は3年で課程を修了し、国家試験に合格することで美容師免許が授与されます。ただし美容師免許を得ただけでは、アイデザイナーとして一線に立つには力量不足です。なぜかというと、美容専門学校は主にヘアメイクを学ぶもので、ほとんどの学校ではまつ毛メイクのカリキュラムが実施されていないのです。そこでアイデザイナーを目指す人の多くは、美容専門学校を卒業後にまつ毛メイク専門スクールで必要な知識と技術を学んでいます。こちらのスクールは美容専門学校のように長期間学ぶものではなく、短いものは1日で、長くても数ヶ月で課程を修了します。なお、スクールは多数のサロンと提携しており、修了後の就職を斡旋してくれる等、サポート体制が整っていることも魅力です。

Copyright© 2018 美容専門学校は就職に便利!【体験実習に参加するのがお勧め】 All Rights Reserved.